なにわの旬野菜

6月の旬野菜

2013-06-14

毎月1つの野菜をとことん学び、とことん味わう

なにわの料理教室「健彩青果」

6月の旬野菜は「新じゃがいも」です。

新じゃがいも、という品種があるわけではなく、10~12月に植えて3~6月に収穫する、春穫りのジャガイモを言います。

品種は「ニシユタカ」が大半。名前から連想されるように、温暖な西日本でよく育つジャガイモです。

なのですが、

今日の大阪中央卸売市場では新メークインをよく見かけました。

IMG_6504

大阪の南の方でもじゃがいも(メークイン)が作られています。

サイズは大きいものばかりでした。

IMG_6507

こちらは長崎県産メークイン。サイズは「2S」。ちびっこの新じゃがいもは皮ごと扱うので、煮崩れしにくく、皮が薄いので、丸ごと煮込んだり、オーブンで焼いたり、蒸したり、揚げたり、味はもちろん、コロコロとした形も楽しめるお野菜です。

が、ここで注意していただきたい

メークインはニシユタカよりゆで崩れ(伝わります?)しやすく、ゆで加減の見極めが難しいです。ちょっと目を離すと、皮が割れて、芋部分がもろくなり、引き上げて切ってみると崩れてしまいます(写真左)。

メークニシ

ニシユタカはそんな心配無用。中の芋部分が柔らかくなりすぎても(あんまりそんなことにはなりませんが)、皮が割れることはほとんどなく、まん丸さは残ります(写真右)。

新じゃが丸ままゆでて、そのままで味わう場合、料理初心者にはニシユタカがお勧めです。

煮汁など、味のしみ込みはメークインのほうがいいです。馴れた方はぜひメークインで煮物を作ってみてください。

さて、これが浪速の食い味仕立てにどう変わるのでしょうか。

お楽しみに。

大阪天王寺の料理教室PAGE TOP